iTunesギフトカードを現金化する5つの換金方法 | いちばんおすすめしたい買取業者3選!iTunesカードはネットで簡単に換金できます

iTunesギフトカードを現金化する5つの換金方法 | いちばんおすすめしたい買取業者3選!iTunesカードはネットで簡単に換金できます

音楽や映画、スマホのアプリの購入など、現代人には欠かせないコンテンツを購入する時に利用できるのがiTunesカードです。

機種変更など、色々な理由でiTunesカードを使わなくなって処分に困った時、お金に換金できる方法を知っておけばきっと役に立つと思います。

この記事は、iTunesカードを現金化したい方に向けた【iTunesカード現金化マニュアル】です。

是非参考にしてください。

参考
iTunesカードを購入

iTunesカードの5つの換金方法をご紹介します

iTunesカードは、iTunes Store やApple Storeで使える便利なプリペイドカードです。

iPhoneやiPodの愛用者は、音楽の購入などのデジタルコンテンツを楽しむ際に便利に使えます。

ですが、Apple製品のファンでない方にとってはiTunesカードを持っていても使いようがありません。

使わない電子ギフト券は、現金化して他のことに使えたら有意義ですね。

現金に換金すれば、使えないギフト券と違って新たな使い道が広がります。

不要になったiTunesカードを高い換金率で換金してもらえる場所と、その方法についてご紹介していきます。

iTunesカードの換金方法を5つ
  • ギフト券買取サイトで買取
  • ギフト券売買サイトへ出品
  • オークションサイトへ出品
  • 金券ショップで買取
  • 知人や家族、友人で買取

上記のいずれかの方法で不要になったiTunesカードを換金できます。

高い価格で、なおかつ早く売りたいならオンライン上の『ギフト券買取サイト』の利用がおすすめです。

どこからでも申込み可能で、当日中に換金が可能です。

換金までの時間に余裕があるという方には『ギフト券売買サイト』もありかもしれません。

ギフト券買取サイトでは最近、iTunesカードの換金率が安定して80%近くなっています。

売買サイトを選んで換金しなくても、買取サイトで十分満足するはずです。

換金方法を1つづつご紹介していきます。

ギフト券買取サイトで買取してもらう

オンライン上でギフト券の買取を専門にしているサイトの事をギフト券買取サイトと呼んでいます。

ギフト券買取サイトでもっとも買取されているのは『Amazonギフト券』です。

そのほかにもたくさんのギフト券が買取されています。

  • iTunesカード
  • GooglePlayカード
  • 楽天ポイントギフトカード
  • nanacoギフトカード
  • ラインプリペイドカード
  • ニンテンドープリペイドカード
  • プレイステーションストアカード
  • ウェブマネーギフトカード

iTunesカードを少しでも高くお金に変えるなら、ギフト券買取サイトがおすすめです!

iTunesカードの換金に買取サイトがおすすめな理由

iTunesカードを換金するには買取サイト、売買サイト、オークションサイトなどの方法がありますが、他のどの換金方法と比較しても、ギフト券買取サイトを利用した方がいいと思える利点があります。

買取サイトを利用すべき3つの理由をご紹介します。

  • 即日で完結する素早い買取
  • 高い安全性と安心感
  • 買取率の高さ

買取サイトを選ぶ際は、優良なギフト券買取サイトを利用しないと換金する意味がありません。

当サイトでご紹介しているサイトは優良サイトばかりです。

私個人も利用しましたが、公式サイトで表示されている買取率と同じパーセンテージで買取がされました。

即日で完結する素早い買取

ギフト券売買サイトやオークションサイトを利用すると、どうしても買い手が見つかるまでに時間がかかってしまいます。

登録、価格設定、紹介文の作成、出品、出金処理などの手間もつきまといます。

売れるまでの時間もだいたい1週間くらいかかるケースがほとんどです。

もちろん他の出品者を圧倒する低価格で出品すればすぐ売れますが、そうすると売買サイトやオークションサイトを利用する意味がなくなってしまいます。

ギフト券買取サイトなら申込みをするだけの簡単さで即日振込が完了します。

申込みの方法は普通のネットショッピングと一緒で、名前や住所などの個人情報を入力するだけです。

iTunesカードのコード番号を送信したらあとは振込みを待つだけです。

早くて数分、長くても数時間、振り込まれるのを待つのみで、他にしなくてはいけないことはありません。

高い安全性と安心感

詐欺業者ではない優良買取サイトならネットでも安心して取引できます。

売買サイトで購入するのは一般の利用者です。

一般の利用者同士の個人間の取引では、どうしてもトラブルを完全に防ぐことはできません。

購入する側としては使えないギフト券を購入してしまうリスクが発生します。

逆に出品者は悪質な購入者に落札されることがあります。悪質な購入者はギフト券が有効でないと難癖をつけてきて、新しいギフト券を要求したり、出品者の評価を下げたりしてきます。

ギフト券買取サイトは、運営体制のしっかりとしたサイトであれば、トラブルなく安全に取引できます。

買取をするのはプロの業者ですから、サイトに表示された買取率できちんと振り込んでくれます。

当サイトで推薦している買取サイトは、私自信も実際に利用して満足の高かったものを載せているので安心してご利用頂けます。

買取率の高さ

ギフト券買取サイトは、手数料が無料で取引できるところが多いです。

1万円未満の買取では多少の手数料がかかるところもありますが、買取ボブのように完全無料のところもあります。

ギフト券売買サイトやオークションサイトを利用する場合は、手数料の高さを侮ることはできません。

数%~10%ほどの手数料が商品が売れた際に差し引かれます。

ギフト券買取サイトは手数料が無料です。

手数料の負担がない分だけでも手元に入ってくるお金が増えます。

iTunesギフトカードを高く換金するなら買取サイト

iTunes ギフトカードをせっかく売るなら「高く売りたい」ですよね?

今回は、iTunes ギフトカード を高価買取しているギフト券買取サイトをご紹介します。

筆者自身が実際に利用していますので、安心して利用できる買取業者です。

換金をお考えの方は、ぜひ参考にして下さい!

優良買取サイト ソクフリ(sokufuri)

買取業者ソクフリ

iTunes ギフトカード 買取サイト ソクフリ

買取率(換金率)最大88%
営業時間24時間営業 年中無休
振込速度 最短5分
手数料振込手数料:0円(ソクフリが負担)
備考古物商許可番号:東京公安委員会許可店 第304361804921号

優良買取サイト 買取ボブ

買取業者 買取ボブ

iTunes ギフトカード 買取サイトの最大手の一角

買取率(換金率)80%~(初回優遇)
営業時間24時間営業 365日年中無休
振込速度即日プラン:30分~60分 ゆとりプラン:60分~180分
手数料0円(買取ボブが全て負担)
備考古物商許可番号:東京公安委員会許可店 第308870607704号

優良買取サイト ギフトグレース

買取業者ギフトグレースでiTunesカードを換金

iTunes ギフトカード 買取サイト最大手の一角

買取率(換金率)80%~(初回優遇)
営業時間24時間営業(日曜日0時〜月曜日8時はお休み)
振込速度特急プラン:10分~60分 通常プラン:120分~150分 翌日プラン:翌日朝10時~
手数料総額1万円以上:振込手数料0円(ギフトグレースが負担) 総額9,999円以下:一律216円の振込手数料
備考古物商許可番号:東京都公安委員会 第304361307130号

ギフト券売買サイトに出品して換金

iTunesカードはもちろん、Amazonギフト券やGooglePlayカードといった様々な種類の電子マネー型の商品券を、ギフト券売買サイトで出品することができます。

ギフト券売買サイトは買いたい人と売りたい人を仲介するプラットフォームです。

メルカリやラクマのギフト券版と思っていただければ分かりやすいかと思います。

ギフト券買売買サイトのメリットとデメリット

メリットは販売価格を自分で設定できるので高価買取が目指せる点です。

デメリットは出品には手数料が必要な点、買い手がつくまで待たなくてはいけない点、出品価格を高くし過ぎると購入者が現れにくいという3つのデメリットがあります。

また、ギフト券買取サイトと比較すると、売買サイトはiTunesカードを換金するまでに時間と手間がかかります。

ですが、買取サイトより数%高く買取してもらえることが見込めます。

振込みまでの時間は早くはありません。

売れたギフト券を出金するのにも手間がかかります。

出品から買取までの時間が当日から1週間くらいかかります。

結果として売買サイトを利用する方法は、時間に余裕がある方に向いていると言えます。

ギフト券売買サイトで出品されているiTunesカードを見てみると、90%前後の買取率での売買が成立しています。

これ以上の落札額を提示すると落札されない可能性が高くなるので、相場感を理解して出品しましょう。

実質の買取額は、落札金額から出品手数料を引いた金額になります。

そこから出金の際にかかる出金手数料を引いた額が口座に振り込まれる金額になります。

買取サイトの中には、手数料と言っても振込み手数料、出金手数料、出品手数料に登録手数料と何種類もの手数料がかかる買取サイトもあります。

出品手数料とは、出品するギフト券の額面に対してかかる手数料のことで、通常2%ほどかかります。出品手数料が安い売買サイトもありますが、利用者数が振るわない売買サイトでは、買い手がなかなかつかず落札されないということが起こります。

出品者が少ないので出品手数料を下げているのですが、それでもなかなか出品者がすぐに増えるということはありません。

よって、売買サイトの利用時は会員数の多い、買い手の動きがある程度見えるサイトを利用することをおすすめします。

売買サイトは出品者と落札者の決済の仲介をしています。ギフト券の売却金額を一度預かる形になりますから、販売価格の引き出しには出金手数料という手数料がかかります。売買サイトによって手数料は異なりますが、おおむね300円といったところでしょう。

ギフト券売買サイトを利用した場合の換金シミュレーション

iTunesカードを売却したら取り分はいくらになるのか、シミュレーションしてみました。

現在のiTunesカードの売却額の相場が90%となっています。

この価格帯の出品が多く、よく売れています。

シミュレーションはiTunesカードを1万円分と5千円分の場合を行なってみました。

  • 5千円分のiTunesカードを90%で出品した場合
    4,500円(5,000円 ✕ 90%) – 100円(出品手数料:2%) – 300円(出金手数料) = 4,100円(実質買取率82%)
  • 1万円分のiTunesカードを90%で出品した場合
    9,000円(10,000円 ✕ 90%) – 200円(出品手数料:2%) – 300円(出金手数料) = 8,500円(実質買取率85%)
  • 5万円分のiTunesカードを90%で出品した場合
    45,000円(50,000円 ✕ 90%) – 1,000円(出品手数料:2%) – 300円(出金手数料) = 43,700円(実質買取率87%)
  • 10万円分のiTunesカードを90%で出品した場合
    90,000円(100,000円 ✕ 90%) – 2,000円(出品手数料:2%) – 300円(出金手数料) = 87,700円(実質買取率87%)

ギフト券の額面が大きくなればなるほど、手数料は小さくできます。

おおよそ5万円分のiTunesカードだと、売買サイトを利用した方が買取サイトを利用するよりお得になってきます。

5万円未満ならギフト券買取サイトで買取ってもらった方がお得になります。

シミュレーション通りだと5万円分がお得なんですが、金額が高くなるとその分買い手がつきにくくなってしまいます。

そういった事情を考えると、ギフト券買取サイトで手っ取り早く買取ってもらった方が楽ではあります。

そこで、今からこちらの記事では、売れやすく人気の高い売買サイトを、選りすぐりでご紹介させて頂きます。売買サイトの利用を検討しているなら是非こちらのサイトをご活用下さい。

iTunesカードの換金におすすめなギフト券売買サイト3つ

ギフト券売買サイトでは、iTunesカード以外にも、さまざまな電子マネーを取扱っています。

出品者が価格を決められるので、たとえ定価でも買い手がつけばその金額で落札されます。

そうは言っても他にも出品者はいますから、相場に合わせた価格でないと落札されることは難しいかと思います。

ギフト券に鮮度や品質は関係ありません。価格のみの勝負になります。

メリットは高い換金率が目指せるところ、デメリットは買い手がつくまで時間がかかるというところです。

5万円以上のiTunesカード換金で高い換金率を目指すならギフト券売買サイトがおすすめです。

amaten

日本最大手のマッチングサイトです。
他のどのサイトより利用者が多く、取引が活発に行われています。

メリットは売れるまでの時間が短く、圧倒的に早く買い手がつくことです。

デメリットは出金手数料が他のサイトより高い点で、499円となっています。

ベテルギフト

ベテルギフトは今、最も勢いのあるギフト券売買サイトです。

運営元はこのサイト以外にも、ギフト券買取サイトのギフトグレースを運営しています。ギフトグレースはギフト券買取サイトの中でも高価買取をしてくれる、業界ではどこにも引けを取らないギフト券買取サイトです。

電子マネー型のギフト券を扱うノウハウは十分に持っています。

メリットは、出品手数料が他のサイトより安い点で、他の売買サイトで売るよりも高い換金率で換金できます。

デメリットはamatenと比べると出品者が少なく、買い手がつきにくいことです。

換金額を少しでも高くしたい方にはおすすめのサイトです。

ギフティッシュ

ギフティッシュはギフト券買取サイトの金券買取EXも運営しています。

amatenとベテルギフトの中間のようなギフト券売買サイトです。

利用者はamatenより少なく、ベテルギフトより多いといった感じでしょうか。手数料はamatenより安く、ベテルギフトよりは高い設定になっています。

ギフティッシュのサイトは、バランスの良さがメリットになります。ベテルギフトより手数料が安い分利用者は多いけれども、amatenほど早く落札者が現れるわけではありません。

オークションサイトに出品して換金する

ヤフオクやモバオクなどでiTunesカードを出品して換金することができます。

オークションサイトは価格帯には幅があります。相場として出品価格から10%を引いた価格を即決価格や開始価格に設定している利用者が多いです。

落札履歴を見てみると、額面よりも10%ほど安い価格を設定しているケースが落札されていることが多いです。

オークションに出品するメリットとデメリット

メリットは販売価格を自分で決められるので高額買取が期待できるところです。

デメリットは手数料が必要なところ、売れるまで時間と手間がかかってしまところです。

出品価格を高く設定してしまうと落札者がなかなか現れないので、時間がかかります。

オークションサイトのメリットとデメリットは、売買サイトとほぼ変りまりません。しかしギフト券売買サイトの方がギフト券の売買に特化しているので、その分スムーズに売買が進むようにできています。

オークションサイトより手間、時間、換金率全ての面で売買サイトの方が優れています。

オークションサイトで買い手がつくまでの時間は1週間程度です。

出品するにはiTunesカードの準備はもちろんのこと、iTunesカードの写真と紹介文を作成したりしないといけません。

オークションサイトに出品、販売するには手数料が必要になってきます。

落札価格の10%が手数料として発生します。

更に額面価格の1割で販売できても、また別の手数料が発生します。つまり、実質の換金率は80%になってしまいますね。

ヤフオクに出品した場合のシミュレーション

日本最大のオークションサイトであるヤフオクにiTunesカードを出品した際のシミュレーションです。

ヤフオクでは出品金額をiTunesカードの額面の92%の即決価格で落札者は現れやすくなります。

ヤフオクは商品が売却されると落札システム使用料が発生します。

これは落札額に対して10%が必要になります。

しかしyahooプレミアム会員の月額料498円を支払っていれば落札システム使用料は8.64%に減額されます。

今回は非会員のままの10%で計算します。

  • 5千円分のiTunesカードを90%で出品した場合
    4,600円(落札価格:5,000円 ✕ 92%) – 460円(落札手数料:4,600円 ✕ 10%) = 4,140円(実質買取率83%)
  • 1万円分のiTunesカードを92%で出品した場合
    9,200円(落札価格:10,000円 ✕ 92%) – 920円(落札手数料:9,200円 ✕ 10%) = 8,100円(実質買取率83%)
  • 5万円分のiTunesカードを90%で出品した場合
    46,000円(落札価格:50,000円 ✕ 92%) – 4,600円(落札手数料:46,000円 ✕ 10%) = 41,400円(実質買取率83%)
  • 10万円分のiTunesカードを92%で出品した場合
    92,000円(落札価格:100,000円 ✕ 92%) – 9,200円(落札手数料:90,000円 ✕ 10%) = 82,800円(実質買取率83%)

オークションサイトの利用に慣れている方は問題ないですが、初心者には出品手続き等の作業は面倒ですし、スムーズかつスマートに運用するのは難しいと思います。
価格設定を自分でしてみたいと思うなら、ギフト券売買サイトの方が高い換金率が目指せます。オークションサイトより売れるまでの時間が短く、出品時に紹介文を作る手間もいりません。

より簡単に高く売りたいのであれば、オークションに出品するより、前述のギフト券買取サイトが断然おすすめです。

申込み方法も簡単、即日でヤフオクより高くiTunesカードを買取してもらえます。

メルカリやラクマなどフリマアプリは出品自体がNG

フリマアプリ大手のメルカリや楽天が手がけるラクマでは、金券類が出品できないのでiTunesカードも出品できません。

金券類は利用規約で出品が禁止されているため、Amazonギフト券やGooglePlayカードなどの電子マネーも金券扱いなので出品できません。

金券ショップでiTunesカードを売却

商品券などの金券を取扱っている金券ショップの店頭で買取してもらう方法があります。

昔からある買取方法ですし、駅前や街の中心にあるので利用しやすいですよね。

金券ショップでiTunesカードを買取してもらうメリットとデメリットは何でしょうか。

金券ショップを利用するメリットは店頭で人が対面で応対してくれる安心感ではないでしょうか。

金券ショップのような店頭買取型の店は、実店舗ならではのメリットがありますがデメリットも多く存在します。

詳細は後述しますが、iTunesカードの買取を行なっている実店舗はほとんどありません。また、買取の対象はカードタイプのみの店が多いようです。

コードタイプの買取はしていませんのでご注意下さい。

カードタイプのものでも購入時のレシートがないと買取ってもらえないので、レシートがない場合は現金化ができません。

店舗に出向くまでの交通費がかかるという点も含め、実店舗型の買取店の利用は、簡単でスムーズな買取方法とは言えません。

わざわざ店舗まで足を運んで買取拒否をされてしまえば、換金でプラスになるどころかマイナスになってしまいます。

大黒屋などの大手金券ショップは電子ギフト券買取には対応していない理由

国内のほとんどの金券ショップでは、iTunesカードのような電子マネーはの買取を行っていません。名前を聞いたことのある大手の大黒屋やアクセスチケットではiTunesカードを取扱っていません。

電子ギフト券のiTunesカードは、ネット上で利用する金券です。図書券やQUOカード、ビール券とは違い、カードそのものに価値があるわけではありません。ギフト券の価値はカードに記載されたコード番号にあります。コード番号というのは英数字の羅列です。

金券ショップで電子ギフト券の取扱いをしない理由は、カードを見ただけでは無効なギフト券有効なギフト券か分からないからです。

購入の際にレジでアクティベイトを行わないと、ギフト券は有効化されません。有効化されていないギフト券は何の価値もありません。アクティベイトしてあるかどうか確認するにはアカウントに登録する必要があります。

確認のために裏面のスクラッチ部分を削ってアカウントに登録してしまえば、買取ったカードを店頭で再販することができません。一度、登録してしまったiTunesカードはAppleのアカウントから戻すことはできないのです。

このような理由から金券ショップではほとんど取扱いがないのです。

知人や友人にiTunesカードを売って換金

知人や友人にiPhoneやMacをお持ちの方がいればApple Storeで買い物をする機会が多いかも知れません。

そういう人にiTunesカードを額面通りに買取ってもらいましょう。といっても、そんなに簡単にiTunesカードがほしいという人に巡り会えるとは限りません。

iTunesカードは携帯決済で購入可能

コンビニや家電量販店で購入可能なiTunesカードですが、お店以外でも購入が可能です。

ドコモ、au、ソフトバンクのいずれかの携帯電話を使用してるなら、それぞれのキャリアのオンラインショップでiTunesカードを買うことができます。

メリットはキャンペーン中だと15%の割引価格で購入できることです。ただしキャンペーンは不定期にやってきますので、こまめに情報をチェックする必要があります。

デメリットは急にiTunesカードの販売が中止になることです。

中止後は販売を再開することがほとんどですが、確実に再開されるかどうかは誰にもわかりません。iTunesカードを買いたいなら購入できるタイミングを逃さないようにしましょう。

  • ドコモオンラインショップ
  • auオンラインショップ
  • ソフトバンクオンラインショップ

購入したiTunesカードはドコモケータイ払い、ソフトバンクまとめて支払い、auかんたん決済と各キャリアの決済方法で行います。

お店に出向かなくても携帯電話1つあれば買い物ができるのが便利ですね。

販売中止中ということもありますから注意して下さい。最新の情報は各携帯電話会社のオンラインショップに問い合わせてみて下さい。

オンラインショップは契約している回線(ドコモ回線、au回線、ソフトバンク回線)のスマートフォンかタブレット端末からしか購入できません。

端末をwi-fiに接続していても利用できません。

AmazonアカウントにチャージしたAmazonギフト券を換金する

チャージタイプのAmazonギフト券を購入したが余ってしまったり、Amazonギフト券を誤ってアカウントにチャージしてしまった。

Amazonアカウントにチャージした残高はAmazonに問い合わせてみても返金されることはありません。

しかし、諦めないでください。換金する方法はいくつかあります。

Amazonアカウントにチャージされた残高を簡単に換金する方法は、iTunesカードをAmazonで購入することです。

iTunesカードはAmazonで購入可能

AmazonでiTunesカードと検索をするとさまざまな価格帯のカードが出品されていると思います。この中からお好きなものを購入して下さい。

しかし正規の価格より5~10%割高になっています。出品している店舗によって同じ額面でも価格が違ってきていますのでよく確認してから購入して下さい。

iTunesカードの購入時の注意点

AmazonでiTunesカードを購入する際には気をつけてほしいことがあります。iTunesカードのコード番号のみを販売している業者についてですが、不正カードを斡旋している可能性があります。

コード番号を販売する業者は、売買サイトから安く購入したものを転売している可能性があり、売買サイトで購入したiTunesカードの中には不正なカードも含まれています。店舗のレビューを確認するなどの対策をして、慎重に購入を検討して下さい。

Amazonの出品ポリシーにはEメールで送るコードのみの販売は禁止されています。その場合には現物とコード番号のEメール送信とどちらにも対応している出品者から購入すると危険性は軽減します。

Amazonで購入したiTunesカードを換金する

入手したiTunesカードは当サイトでご紹介した換金方法で換金できます。

おすすめは買取率が高く換金までのスピードが早いギフト券買取サイトを利用した換金方法です。

換金目的でAmazonでiTunesカードを買う時の確認すべきポイント

Amazonで購入できるギフト券はiTunesカードだけではありません。

iTunesカードと同じくらい換金率の高いギフト券としてGooglePlayギフトカードや楽天ポイントギフトカードがあります。

ギフト券の買取率は毎日変動していますが、通常はこの買取率にそれほど差はありません。

ところが、GooglePlayギフトカードの方が買取率が高い時もあります、また逆にiTunesカードの方が高い時があります。

ギフト券買取サイトを利用する時はiTunesカード、GooglePlayギフトカード、楽天ポイントギフトカードのどれが買取率が高いか確かめてから購入して下さい。

iTunesギフトカードを現金化する5つの換金方法 | いちばんおすすめしたい買取業者3選!iTunesカードはネットで簡単に換金できます あとがき

今回の記事では、iTunesギフトカードを換金する5つの換金方法と、おすすめの買取業者をご紹介させていただきました。

iTunesカードの換金なら、おすすめの3社で決まりです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)