クレジットカード現金化 | 使用前のチェックポイントまとめ

クレジットカード現金化

クレジットカード現金化の前にチェックしておく事

今回の記事ではクレジットカード現金化が違法なのか?!危険性は?!といった内容を、元クレジットカード現金化スタッフから特別に取材して聞いたお話をご紹介します。

注意点を最初に理解しておけば、トラブルを防ぐことができますよね。

クレカショッピング枠現金化とは?

まず初めに、クレジットカード現金化のご説明をさせてもらいます。

クレカ現金化とは、古物商の許可を取った商品の取引業者が、希望者のクレジットカードのお買い物限度額の範囲の中で商品を購買してもらい、その購入値段から手数料などの代金を引いた金額で取引する事で、利用者が現金化が出来るというものです。

クレジットカード現金化業者が初めて摘発されたのは2011年8月です。

東京都台東区の貴金属販売会社の元代表が逮捕されました。容疑は出資法違反です。

出資法違反は投資詐欺やヤミ金の事案で逮捕や起訴されるものです。

この現金業者化は、融資を望む利用客におもちゃのネックレスを高額で購入させ、キャッシュバック方式で、クレジットカード会社からの入金の一部を差し引いた残りを利用客に渡すといった手法で営業していました。

現金化業者が逮捕されたと聞くと、利用する側にも罪があるのではないかと気になると思いますが、利用客が逮捕されたという話は聞いたことはありません。

悪質なクレジットカード現金業者を利用すれば、詐欺に遭うリスクが高いのは事実ですから注意は必要です。

最初にWEBページや口コミ、現金化行為をしている会社はどういったもなのかをチェックして安心な店舗を使用すれば特に問題が起こることはありません

万が一詐欺行為などをしてる業者に連絡してしまったときでも、事前の準備や対応をやっておけば被害を受けずに済むことも多いでしょう

クレジットカードショッピング枠現金化3つのデメリット

クレカ現金化は規約違反?

クレジットカードのショッピング限度額はお買い物をした際に先に代金をお支払してくれる代金の限度額です。

当然、お金を借りるための枠ではありません。

現金に変えるために還元率の高いものばかり購求してると、もし、それがカード会社にわかってしまうと、カード保有者であるあなたのクレジットカードが利用停止になるおそれがあります。

はっきり言って結構なデメリットです。

クレジット現金化店のページには公安委員会からの営業許可を取っています!というような書き込みがされていますが、これは最低限の「古物取引」の許しをうけているだけであって、クレジットのお買い物枠売買の承諾を取っているわけではありません。

優良換金業者を見極める手段

クレカ現金化業者は多種多様で曖昧な要素が多いものです。

前述でお伝えしたように、クレジットカード現金化には様々な悪質行為があります。

そうはいっても、ひどい会社に遭遇してしまうリスクは避けようがありませんよね。

しかし、長い間このような店が運営を行なう事ができる最大の理由は、希望者の需要があるからに他なりません。

クレジットカードショッピング枠現金化という手法がどのようなものか、運営をしている会社かはどんな資質の人間かをだいたいでも把握した上で、少しでも無難で正しい店舗選別する事が大切な要素になってきます。

このような要望に対応してくれる真摯なサイトはちゃんと存在します。

ご自分でクレカ現金化業者探しを試みる場合は、いかにして見つければいいのでしょうか。

手段の一つとして比較サイトや口コミサイトを見てみるという方法があります。

WEBページをリサーチするときにもいくつかの注意があることを忘れないでください。

WEBサイトに掲載されている換金率や手数料の通りに現金化できるとは限らないのです。

例えば、10分で現金・換金率95%以上のような誇大広告信じない方が良いでしょう。

換金率は信頼性のある買取サイトを媒介した場合でも80%~88%程度と理解して下さい。

つまり、すごく高い買取率は信じてはいけないのです。

詳しいことは電話やメールで問い合わせることが確実です。

電話をかけてみれば、対応者の様子で、だいたいの判断は出来ます。

クレカ現金化まとめ

今回はクレジットカードショッピング枠現金化についてご紹介致しましたが、いかがでしたでしょうか。

最後までお付き合い頂きましてありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です