GooglePlayギフトカードの特徴や使い方を解説します!【必見】

Googleギフトカードはなぜ利用されている?

世界で多くの人が利用し、日本でも利用している方が増えているGooglePlayギフトカードは、ギフトコードによって提供されるカードがあります。

コンビニはもちろんのこと、スーパーや各種量販店でも多く扱われています。

ギフトカード類ですが、レジ前に置いてあることも多いので誰でも販売されている場所がわかります。

今回は、アメリカの大きな会社であるGoogleが提供しているGooglePlayギフトカードについて、その特徴や内容だけでなく、他に得をする方法なども紹介します。

Googleのギフトカードはギフトカードとはどのような商品?

GooglePlayが提供しているサービスの支払いに充てることが可能です。

ゲームアプリのアズールレーンはもちろん、白猫プロジェクトにも使えます。

GooglePlayギフトカード現金以外の方法でも購入が可能で、クレジットカードやキャリア決済などの方法も準備しています。

ギフトカード形式の商品は額面以上にお金を使うことがないため、使いすぎを抑えられる良さを持っています。

GooglePlayギフトカードを販売している場所は

現在GooglePlayギフトカードを取り扱っているのは、GooglePlayの公式サイト、または大手通販のAmazonなどでも購入できます。

コンビニやスーパーなどの身近な場所なども含め、身近な場所でもう購入できるカードです。

ギフトカードは全て非課税の商品ですので、消費税を支払う必要はありません。

記載されている金額分が、GooglePlayで利用できます。

実際に販売されるGooglePlayギフトカードの金額

Googleギフトカードは、基本的にEメールタイプとギフトカードタイプに分かれます。

また、金額は1000円から10000円までに設定された4種類のカードと、5円刻みで購入できるバリアブルカード形式が存在します。

購入するGooglePlayギフトカードの注意点多くの人が利用している、フリマサイトやオークションにも販売されています。

販売されている場所は広がりを見せています。

しかし、購入してみたら既に利用されていた、またはロックなどがかけられているので使えないことが判明するケースもあります。

初めて購入する方はもちろん、トラブルを避けたいと考えている方はなるべく購入を控えましょう。

もっとGooglePlayギフトカードを最も安く購入する方法

通常よりもGooglePlayギフトカードの金額を額面よりも安く購入できる手法を紹介します。

もし額面より安ければ当たりまえですが、非常にうれしいですよね。

一番安く購入できる方法としては、万が一のトラブルにも瞬時に対応している、GoooglePlayギフトカード売買サイトがおすすめです。

GooglePlayギフトカードに関する売買サイトがいいでしょう。

この売買サイトを利用すると、個人間でGooglePlayギフトカードをやり取りできるのです。

その金額は非常に安く、最低でも額面よりは1割程度安くなっています。

時によっては20%以上割り引かれることもあります。

更に、返金保証などを準備して、この返金保証を使えるサイトは、Gifttissueとベテルギフトを利用していくと、売買時のトラブルも安心です。

いらなくなったGooglePlayギフトカードを売却してお金に変えよう

以前購入したものの使っていないGooglePlayギフトカードですが、換金を希望している際、一番理想的でお得な方法は、その手法はGooglePlayギフトカードを
買取するサイトを使うことです。

これらの際とは換金率を定めていますが、最大で90%弱の数字を提供しています。

どの換金方法よりも高く最もお金を多く受け取ることができます。

多くがネットでの買取申込と振り込みを行う方法ですから、来店などの手間がかからず、自宅でも行える方法です。

営業時間は、驚くことに365日年中無休!さらに24時間営業で、どうしてもお金が必要と判断されているところでGooglePlayギフトカードをお金に変えられるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です